コロナの初期症状が出たら?子供のその発熱は大丈夫?家族はどうする?

コロナ関係

コロナの感染拡大がまた増えてきて第2波が日本を襲ってきていますね。

コロナの初期症状がない方も多い中、子供も学校などで感染しないか心配ですよね。

子供は何かと風邪をひきやすかったり、発熱などで心配になることはありませんか?

コロナはどこに潜んでいるのか、どうして感染してしまうのか、まだわかっていない状況です。

発熱などの初期症状が出た場合はどのような対策を取ればいいのかをまとめてみましたのでぜひ参考になればと思います!

 

コロナの初期症状は?

人によって症状が重かったり、軽かったりというものはありますが、大人も子供も症状は同じだそうです。

 

具体的には風邪に似たような症状で、

  • 発熱がある
  • 咳がひどい
  • 身体がだるい
  • 食べ物の味や匂いがわからない

といった症状が挙げられています。

少しでも異変を感じたら安静にすることを心がけてください。

 

子供に発熱が見られたらどうする?

子供に発熱や咳などの症状が出た場合は、必ず症状が軽くても、保育園や幼稚園、学校やアルバイトなどを休ませるようにしてください。

この程度なら大丈夫という油断が一番危険です。

感染を拡大させないためにもこれらを徹底し、会社などにも伝えるようにしてください。

できればご自身も会社などに行かず、買い物なども控えて家で様子をみるようにしてくださいね。

 

家族はどうする?

発熱や咳の症状が4日以上続く場合には必ず厚生労働省に相談をしましょう。

  • 厚生労働省 相談窓口 0120-565653 FAX 03-3595-2756
  • 毎日、午前9時~午後9時までの受付です。

 

家族に症状が見られた場合は周りの人も外出しないようにして感染拡大を防ぎましょう。

 

看病する際には1人に限定し、ゴム手袋やマスクなど厳重に身を守り、看病を終えたら袋などに密閉して捨ててください。

 

また十分に手洗いうがいをし、アルコールなどを活用していきましょう。

 

無症状だったとしても

 

コロナに感染する方が多い中、感染せず元気に毎日お過ごしの方も多いと思います。

時期的にも夏ですし、いろいろ楽しみたいですよね。

ですがよく考えてみてください。

 

 

一時期、全国的に感染拡大が収まってきたように思えたものの、みなさん考えることは一緒で、緊急事態宣言が終わってから外出する方が多く見られました。

 

驚くことに旅行に行かれる方までいらっしゃっていて、まだコロナが完全に終息したわけではないのにも関わらず、県をまたいで移動する方が増えてしまいました。

 

実際に私の知り合いでも時分は大丈夫と過信して沖縄に旅行に行っていたことが最近わかりました。

 

確かに自分は健康かもしれない、ですがウイルスは目には見えません。

どこに潜んでいるのか、誰が持っているのか、どのように感染するのかがわからないからこそ怖いのです。

さらにウイルスを持っていても潜伏期間があるのですぐにわからない場合もあります。

 

外出したい気持ちはみんな同じです。

ですが少し収まったから、私は感染しないからという考えではいつになっても終息する兆しは見えません。

 

もしかしたら自分が人に感染させてしまうかもしれないということを、決して忘れないでください。

 

お盆中に帰省しようと考えている方も多いかと思いますし、親戚や家族で集まるというのは本当に大切なことです。

ですが、その大切な人たちを守るためにも、今年はなるべく帰省も控えたほうがいいのではないでしょうか?

 

まとめ

日本だけでなく、世界が今、大変な状況に陥っています。

誰もが感染する可能性があることを忘れないようにし、普段から手洗いうがい、マスクの着用などを積極的に行うことが大切です。

コロナに感染した方が悪いのではなく、ウイルスが悪いのだということを忘れないで下さい。

コロナに感染した方を責めて、誹謗中傷するのは間違っています。

普段から気を付けている方でも感染してしまうこともあるのです。

もしも自分が感染したら、誹謗中傷を受けたら・・・。

まずは人を責めるのではなく、自分はどう対応していくかに目を向け、早く収束することを願いながら、コロナを撃退していきましょう。

 

コロナ禍の今、もし発熱したら?病院を受診するタイミングを大公開!
無症状の感染者もいるみたいですし、発熱や味覚障害等の症状が出ていなくても、「もしかしたら自分も・・・?」いくら今無症状でも、突然症状が現れるのも新型コロナの特徴ですよね。今回は、コロナ禍の今、もし発熱したら?病院を受信するタイミングを解説していこうと思います!
タイトルとURLをコピーしました